全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

新聞記念プレート作成

新聞購読のお申し込みはこちら

菊鹿製作所、溶接作業の補助工具開発 未経験者でも実用レベルに 人手不足の深刻化に対応

工具を利用した未経験者の溶接1回目(右)と3回目
工具を利用した未経験者の溶接1回目(右)と3回目
 板金や機械加工などを手掛ける菊鹿製作所(本社名古屋市港区入場1の2404、古閑秀樹社長、電話052・382・6519)は、溶接機のトーチ部分に取り付けることで溶接作業を補助する工具を開発した。実用新案を取得済み。未経験者でも3回ほどで製品レベルの溶接が可能になるほか、作業時間の短縮や作業者の負担を軽減するという。今後は、直販はせず、工具店などを通じて販売する。
残り629文字/全文811文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2020年4月17日の主要記事