全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

トヨタ、4月の国内生産計画 日当たり1万1千台割れ コロナ影響で稼働停止響く

トヨタ自動車九州の第1ライン
トヨタ自動車九州の第1ライン
 トヨタ自動車が直近4月の国内生産計画を、日当たり1万500台程度と1万1千台を割り込む水準に見直したことが分かった。従来計画比2千台程度下方修正し、前年実績比では4割減となる。新型コロナウイルス感染拡大による需要減で国内工場を一部稼働停止する措置が響く。トヨタの部品サプライヤーの多くは日当たり1万2千台程度を採算ラインに置いているとされ、長期化するほど収益確保が厳しくなりそうだ。
残り777文字/全文969文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年3月31日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ