全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

三重の観光・レジャー施設 客足回復も前途に危機感 検温・消毒を徹底 東京都の外出自粛要請で先行き不透明

人の間隔を空けて運行するジェットコースター(ナガシマスパーランド)
人の間隔を空けて運行するジェットコースター(ナガシマスパーランド)
 三重県内の観光・レジャー施設の来場者数が、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う急激な落ち込みから、じわり回復しつつある。20日に営業を再開した大型レジャー施設、ナガシマスパーランド(桑名市)は、「自粛ムードが少し緩み、遊園地らしい雰囲気が戻ってきた」と語る。21日に営業再開した鳥羽水族館(鳥羽市)も「再開初日は例年並みの来客数だった」。もっとも22日以降の水準は、例年の半数程度。観光各社は感染の早期終息を待ち望んでいる。
残り884文字/全文1096文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
中経マイウェイ新書 “ココ一番”の真心を

2020年3月27日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ