全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

まちの魅力ブラッシュアップ 多治見市 陶都の玄関口新たな顔に モザイクタイルミュージアムは新名所

駅南口再開発計画の完成予想パース
駅南口再開発計画の完成予想パース
 古くから美濃焼の産地として発展してきた多治見市。近年は日本国内の最高気温記録を達成したことから、”日本一アツい町”として有名だ。アツいのは気温だけではない、JR多治見駅の南北を中心とした市街地整備事業が着々と進むほか、2016年に市内笠原町にオープンした「多治見市モザイクタイルミュージアム」が、新しい観光スポットとして人気を集めている。今後も官民が一体となって、新たな魅力づくりに取り組んでいく。(多治見)
残り1364文字/全文1569文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年3月21日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ