全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

県内観光地への影響深刻 新型コロナ 伊勢神宮参拝者は3割減 宿泊施設予約キャンセル相次ぐ 

観光客が減少傾向の伊勢神宮「おはらい町」(15日)
観光客が減少傾向の伊勢神宮「おはらい町」(15日)
 新型コロナウイルスの感染拡大で、三重県内の観光業界への影響が深刻になってきた。政府の要請により、各観光施設では臨時休業を続けている。令和初の初詣などでにぎわいを見せた伊勢神宮も、3月前半の参拝者数は前年同期比3割以上減少した。県下の宿泊施設も、予約のキャンセルが相次いでいる。三重県にとって観光は一大産業。客足が遠のけば、三重経済が大きな打撃を受けかねない情勢だ。
残り1265文字/全文1448文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年3月18日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ