全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

明日を拓く経営 東海で頑張る中小企業 カフカ 大手と大型取引開始 今年秋冬物 フィリピン生産が強み

東京都内にオフィスを構える(展示会の様子)
東京都内にオフィスを構える(展示会の様子)
 婦人服のOEM(相手先ブランドによる生産)などを手掛けるカフカ(本社名古屋市中村区名駅4の24の8、中西栄雄社長、電話052・569・6202)は、今年の秋冬物から大手アパレルなどと大型取引を開始する。大手アパレルは安定調達のため、生産をアジアで分散させる傾向があり、カフカはアパレル業界で参入が少ないフィリピンに協力工場があることから、引き合いが強まっている。今後、現地事務所の人員を増強するなどして、受け入れ体制を強化する方針だ。
残り692文字/全文910文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年3月17日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ