全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

コロナ対策で新サービス 発知商店 「置き配」サービス開始 食品類を玄関前に配達

 「ホッチの置き配」のチラシを手にする發知専務
 「ホッチの置き配」のチラシを手にする發知専務
 酒類小売りの発知商店(本社岡崎市柱曙1の3の5、發知良介社長、電話0564・55・1255)は、新型コロナウイルス感染対策として、新サービス「ホッチの置き配(はい)」を開始した。酒類、米、調味料、食品類など、同店の取扱商品を玄関前まで配達する。顧客は配達人到着時にドア脇などに代金を置く(配達人は離れて待機)かキャッシュレス決済で支払うため、顧客と配達人は近距離では一切接触しない仕組み。感染症の予防に配慮するとともに、新規顧客・需要の開拓にもつなげたい考えだ。
残り502文字/全文734文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年3月17日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ