全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

中日本高速道路 トイレに忘れ物検知センサー 利便性の向上図る SA・PAに本格導入

東海環状自動車道鞍ヶ池PA(豊田市)の一部トイレに設置されたセンサー
東海環状自動車道鞍ヶ池PA(豊田市)の一部トイレに設置されたセンサー
 中日本高速道路(本社名古屋市、宮池克人社長)は、トイレ内の忘れ物を知らせるセンサーを、管内高速道路のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)に本格導入する。これまでに5カ所で試行し、今年7月の東京五輪・パラリンピック開催までに東名高速道路などのSA・PA計24カ所のトイレに設置する。利用者の利便性や快適性の向上につなげる。
残り647文字/全文814文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年3月7日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ