全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

電脳でタクシー運行管理 クラウドでタクシー配車 名鉄西部交通が導入 コミュニティーバスで試行、拡大へ

稲沢営業所が運行する稲沢市のコミュニティーバス
稲沢営業所が運行する稲沢市のコミュニティーバス
 タクシー会社の名鉄西部交通(本社一宮市緑3の8の24、小川健司社長、電話0586・73・8146)は、システム開発の電脳交通(本社徳島県徳島市、近藤洋祐社長)と提携して、クラウド型タクシー配車システムを導入した。名鉄タクシーグループで初めての導入で、県内のタクシー会社でも先駆的な取り組みとなる。稲沢市の委託を受けて稲沢営業所が運行しているコミュニティーバスの運行管理で試行的に運用したうえで、順次、各営業所のタクシー運行管理に導入を拡大する計画。
残り628文字/全文853文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
中経マイウェイ新書 “ココ一番”の真心を

2020年2月19日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ