全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

次世代燃料でコスト削減 信興エレックス 「加水燃料」製造機を拡販 小型化、コスト削減も 初年度30台販売へ

加水燃料製造システムMEM―100
加水燃料製造システムMEM―100
 電気工事業や太陽光発電設備事業を手掛ける信興エレックス(本社春日井市岩成台7の2の3、児玉信夫社長、電話0568・95・5511)は、重油などの燃料油中に水を均一に混ぜた「加水燃料」の製造システムを拡販する。従来の機器より装置を小型化したほか、撹拌(かくはん)技術の向上や独自の乳化剤の採用により、燃料油と水との分離の防止やコスト削減につなげられるという。工場や温浴施設、宿泊施設などに提案。初年度30台の販売をめざす。
残り554文字/全文765文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年2月18日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ