全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

名市役所西庁舎の食堂運営受託 勤労食 地産地消メニュー提供へ フェアトレードコーヒーで名古屋PR

名古屋市内の食堂運営は2カ所目となる(写真は名古屋市役所本庁舎)
名古屋市内の食堂運営は2カ所目となる(写真は名古屋市役所本庁舎)
 社員食堂の運営などを手掛ける勤労食(本社刈谷市相生町3の3、濱崎直司社長、電話0566・22・8151)は、名古屋市役所西庁舎の食堂運営に乗り出す。食堂運営に係る公募(プロポーザル方式)に参加し、このほど応募者3者から選定された。5月に「バランス食堂IKOTTO」としてオープンする。地産地消にこだわったメニューを提供するほか、フェアトレードタウン認定都市である名古屋市をアピールするため、フェアトレードコーヒーを提供するなどして差別化し、集客を図る。
残り373文字/全文600文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年2月14日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ