全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込みはこちら・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

中国拠点、通常生産程遠く 中部企業 新型肺炎の影響長期化懸念 トヨタ、再開を延期

タグ
外出を制限する措置がとられ、閑散とする中国福建省福州市内の道路=7日(共同)
外出を制限する措置がとられ、閑散とする中国福建省福州市内の道路=7日(共同)
 新型コロナウイルス感染による肺炎拡大で、中部企業への影響の長期化が懸念されている。トヨタ自動車は7日、中国の完成車や部品工場の再開時期を10日から17日以降に再延期する方針を明らかにした。中国は世界最大の自動車市場。影響が長引けば業績への悪影響は必至だ。中国に進出している中部の自動車部品や電機、工作機械などの間には10日から生産再開の動きもあるが、地方政府の人の移動制限もあり通常生産には程遠い状況となりそうだ。
残り1536文字/全文1744文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2020年2月8日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

旭川市企業立地 分譲中

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ