全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

名駅前の老舗ホテルが高層に 城野、名駅モンブランホテル高層化 リニア工事で移転新築 18階建て 21年末開業へ

新しいホテルの建設地(右端手前が現在の名古屋駅前モンブランホテル)
新しいホテルの建設地(右端手前が現在の名古屋駅前モンブランホテル)
 「モンブラン」ブランドのホテルを展開する老舗の城野(じょうの)(本社名古屋市中区栄2、城野(しろの)誠一社長)は、名古屋駅近くの「名古屋駅前モンブランホテル」を建て替える。リニア中央新幹線の建設工事に伴い、用地買収の対象地となったためで、数十メートル離れた別の場所に移転する。新しいホテルは高さ約70メートルの高層で2021年末の開業を見込む。移転を機に、ビジネスをはじめ観光需要まで幅広く取り込めるホテルづくりを目指す。
残り644文字/全文856文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年2月4日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ