全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

13億人の市場開拓せよ インドに響けヤマハの旋律(上) 「第二の中国」に育成

「PSR―I500」は民族楽器の音色を再現できる
「PSR―I500」は民族楽器の音色を再現できる
 楽器大手のヤマハ(本社浜松市)がインド市場の開拓に本腰を入れ始めた。人口は13億人弱といずれ中国を抜いて世界トップに躍り出るとみられ、楽器市場も大きく伸びる可能性を秘めているからだ。とはいえ現地での楽器の普及は先進国と比べ遅れ、同社のインド売上高も全体の1%に満たない。今後潜在的な需要を掘り起こし、その旋律を響き渡らせることができるのか。最前線の取り組みを追った。
残り1243文字/全文1427文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年1月29日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ