全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込みはこちら・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

トヨタ紡織 電動車部品の対応強化 「刈谷」を中核拠点に リチウムイオン電池パイロットラインも整備へ

増産体制を整備した「モーターコア」
増産体制を整備した「モーターコア」
 トヨタ紡織は、ハイブリッド車(HV)や燃料電池車(FCV)など電動車向け部品の生産対応力を強化する。昨年12月末までに、本社がある刈谷工場(刈谷市)にハイブリッドシステム用モーターコアの生産ラインを新設したほか、燃料電池向け部品の増産体制を整えた。同工場ではリチウムイオン電池のパイロットラインも今後整備する計画で、電動車対応の中核拠点として基盤固めを急ぐ。
残り623文字/全文803文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2020年1月21日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

旭川市企業立地 分譲中

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ