全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

招き猫ミュージアム 外国人客1年で10倍 台湾でのPR奏功 絵付け体験人気

招き猫への絵付けを楽しむマレーシアからの観光客
招き猫への絵付けを楽しむマレーシアからの観光客
 日本最大級の招き猫博物館「招き猫ミュージアム」(瀬戸市薬師町)が、台湾などアジアからのツアー客でにぎわっている。8年前から瀬戸市観光協会と共同で、台湾での観光PRを展開してきたことが集客に結び付き、2019年に同館を訪れた外国人観光客の数は4140人と、18年の約10倍になった。中部国際空港から比較的近く、陶製の置物への絵付けという、地域の特徴を生かした文化体験ができることも人気の理由のようだ。
残り843文字/全文1043文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年1月9日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ