浜松ホトニクス 中国工場に新棟建設を検討

更新日:2019年 6月20日 (木)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 光半導体などを手掛ける浜松ホトニクス(本社浜松市)は、2023年までに中国工場(河北省)敷地内に新工場棟を建設する検討に入った。現地で需要が高まっている医療診断装置の検出器や手荷物検査装置の主要部品などの生産能力を増強する。営業拠点も内陸部で新設する方針。米中貿易摩擦の影響で中国経済に減速感が出ているが、将来的に一段と需要が増えるとみて製販とも体制を拡充する。

 
 
 

2019年 6月20日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年6月 > 20日 > 浜松ホトニクス 中国工場に新棟...