19年度中部企業の設備投資計画<上>/「CASE」対応 自動車高水準/製造業/イビデン30.9倍で過去最高

更新日:2019年 6月18日 (火)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 中部企業の2019年度の設備投資は高水準で推移する見込みだ。製造業では特に電動化などの「CASE」対応が必須の自動車、窯業関連が積極的。イビデンは電子事業の拡大を狙い前年度比約3・9倍の900億円と過去最高の投資を計画する。各社、生産性向上のための合理化投資も進める。ただ、米中貿易摩擦などで先行き不透明感が強く、体力的に劣る中小企業は慎重姿勢を見せている。

 
 
 

2019年 6月18日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年6月 > 18日 > 19年度中部企業の設備投資計画...