「涼しい厨房」で猛暑を乗り切れ、東邦ガスがPR、労働環境改善に一役

更新日:2019年 6月15日 (土)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 夏の到来を前に、暑さ対策が課題にあがる業務用厨房(ちゅうぼう)。東邦ガスは名古屋市港区に業務用厨房機器のショールームを開設し、室温上昇の抑制に工夫した厨房機器「涼厨(すずちゅう)」のPRを強化している。従来機器との温度差を体感できるようにし、厨房の労働環境改善を提唱。各メーカーも製品開発に取り組み涼厨のラインアップを拡充している。暑さ対策は料理人の離職防止や採用円滑化に不可欠。人手不足が深刻化する中、飲食店などで重要度が増しており、東邦ガス、メーカーとも「涼房」需要の拡大に期待を寄せている。

 
 
 

2019年 6月15日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年6月 > 15日 > 「涼しい厨房」で猛暑を乗り切れ...