キリンビールが名古屋工場で缶酎ハイの生産

更新日:2019年 6月13日 (木)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 キリンビールは、名古屋工場(清須市寺野花笠)で缶酎ハイの生産を始めた。同工場でのビール類以外のアルコール飲料の製造は1962年の操業開始以来初めて。缶酎ハイの需要増に対応するのが狙いで、約50億円を投じ、専用の生産ラインを導入した。生産能力は2020年時点で年間約10万キロリットル、国内最大規模となる。将来的には1・4倍に能力増強を図る計画だ。

 
 
 

2019年 6月13日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年6月 > 13日 > キリンビールが名古屋工場で缶酎...