大同特殊鋼「星崎」を増強

更新日:2019年 6月12日 (水)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 大同特殊鋼は特殊鋼鋼材の二次加工を手掛ける星崎工場(名古屋市南区)の設備を増強する。自動車向け高機能ステンレスの需要拡大に対応するのが狙い。約15億円強を投じて線材熱処理炉などを増設。今秋に稼働し、耐熱性の高いニッケルステンレス線材などの加工能力を引き上げる。同社は2020年度を最終年度とする中期経営計画で「機能材料・磁性材料」をトップセグメントに育てる方針を掲げており、その一環となる。

 
 
 

2019年 6月12日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年6月 > 12日 > 大同特殊鋼「星崎」を増強...