名工大の生体模倣技術に注目 フナムシで新事業創出

更新日:2019年 6月 8日 (土)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 「曇らない社会を実現」―。名古屋工業大学が、海岸に生息するフナムシの構造を模倣した技術を活用したユニークな新事業創出プロジェクトに取り組んでいる。模倣技術を対象物に加工すると、対象物の表面の水が迅速に無動力で移動する。結露による建物の劣化を防いだり、曇らない眼鏡など、さまざまな用途が期待できる。今後、民間企業と連携しながら事業化を目指す。年内にも展示会でサンプルを披露する予定だ。

 
 
 

2019年 6月 8日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年6月 > 8日 > 名工大の生体模倣技術に注目 フ...