津田工業/本社・刈谷工場を全面移転/500人配置転換/豊川に新拠点建設

更新日:2019年 6月 6日 (木)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 トヨタ系自動車部品メーカーの津田工業(本社刈谷市、小笠原節社長)は本社・刈谷工場を豊川市に全面移転する。豊川市に新工場を建設し、2021年秋をめどに稼働する計画。本社機能の移転は25年の予定で、従業員約500人を豊川に配置転換する。本社・刈谷工場は老朽化が進んでいた。工場がある豊川市に移し、事務管理から生産までの運営効率化を図る。本社・刈谷工場は刈谷市の市街地にあり、跡地活用も関心を集めそうだ。

 
 
 

2019年 6月 6日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年6月 > 6日 > 津田工業/本社・刈谷工場を全面...