ファブリカコミュニケーションズ、業務可視化

更新日:2019年 5月24日 (金)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 中古車ビジネスなどを手掛けるファブリカコミュニケーションズ(本社名古屋市中区錦、谷口政人社長、電話052・959・3460)は、営業業務で使用する社用車に運行管理が可能なドライブレコーダーを搭載し、業務の可視化を行っている。従来の「事業場外みなし労働時間制」を廃止し、労働時間の短縮と効率化を図るのが狙い。運送業界以外では珍しい取り組みだ。2月から本格運用し、導入前に比べ商談件数は約17%増、契約獲得数も約14%伸びた。業績向上につながり、社員のモチベーションも上がっている。

 
 
 

2019年 5月24日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年5月 > 24日 > ファブリカコミュニケーションズ...