中部外食チェーン7社 今期、13店増の計94店出店

更新日:2019年 5月21日 (火)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 中部の外食チェーンが国内で意欲的な出店計画を打ち出している。3月期決算の主要チェーン7社は今期、前期比13店増の計94店を出店する。前期実績を上回るのはアトム、木曽路、あみやき亭、JBイレブンの4社。ヨシックスは前期より1店減らすが、約40店と高い水準を維持する。改装や業態転換による既存店の活性化に力を入れる企業も目立つ。国内景気は後退局面とされ、10月には消費増税を控える。消費への逆風が懸念されるが、成長持続に向けて出店戦略にかじを切る。

 
 
 

2019年 5月21日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年5月 > 21日 > 中部外食チェーン7社 今期、1...