有松が日本遺産に認定 有松絞と伝統的建物の共存など評価

更新日:2019年 5月21日 (火)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 20日に文化庁が新たに認定した「日本遺産」で、名古屋市緑区有松の「江戸時代の情緒に触れる絞りの産地~藍染めが風に揺れる町 有松~」が選ばれた。江戸時代から残る旧東海道沿いの貴重な建物群や伝統的工芸品・有松鳴海絞、からくり山車など、地域が積極的に振興活動に取り組んでいることが評価された。

 
 
 

2019年 5月21日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年5月 > 21日 > 有松が日本遺産に認定 有松絞と...