東海3県上場企業の19年3月期決算、8割増収、6割が経常増益

更新日:2019年 5月20日 (月)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 東海3県(愛知、岐阜、三重)に本社を置く上場企業(金融、新興市場を除く)の2019年3月期決算をまとめた。比較可能な147社のうち、80%の118社が増収、61%の90社(黒字化含む)が経常増益だった。米中貿易摩擦など海外のリスク要因はあったが、堅調な世界経済を背景に製造業、非製造業とも業績を伸ばした。ただ、今期は慎重な見方から、経常増益は過半数を割り込む見通しだ。

 
 
 

2019年 5月20日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年5月 > 20日 > 東海3県上場企業の19年3月期...