オー・ケー・シー 労働時間短縮へ自動切削機導入

更新日:2019年 5月10日 (金)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 自動車や航空機向けに切削工具を製造するオー・ケー・シー(本社名古屋市中川区細米町、大河内昌彦社長、電話052・354・6078)は工場の自動化を進め、労働時間の短縮を図る。メインの中ロット品の生産工程に自動切削機を導入。完全自動生産を可能とし、工場が無人になる夜中に切削機の活用を始めた。年内にも2台目の切削機を導入して自動化を推進し、技術者は高付加価値の加工作業に集中できる態勢を整える。

 
 
 

2019年 5月10日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年5月 > 10日 > オー・ケー・シー 労働時間短縮...