名鉄協商/カーシェア事業で東京進出/五輪需要に照準

更新日:2019年 5月 8日 (水)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 時間貸し駐車場運営の名鉄協商(本社名古屋市、高橋健治社長)は、東京都内でカーシェアリングサービス「カリテコ」の提供を開始した。このほど、都内7カ所の自社駐車場に貸し出しステーションを開設、車両10台を配置した。同サービスの東京展開では後発だが、2020年の東京五輪を控え需要が高まると予測。同年3月までに関東圏で同ステーションを約40カ所設け、50台の貸し出し体制を整備する。

 
 
 

2019年 5月 8日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年5月 > 8日 > 名鉄協商/カーシェア事業で東京...