トラステック愛知が二酸化塩素ガス発生装置販売へ

更新日:2019年 5月 4日 (土)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 電子機器の設計・製造を手掛けるトラステック愛知(本社名古屋市中川区万町、辻武彦社長)は8月、新規事業として二酸化塩素ガス発生装置の販売に乗り出す。大腸菌、豚コレラなどの除菌効果があり、工場の生産ラインや医療機関などの需要を見込む。除菌作業の効率化が図れるのを売りに、薬品メーカーや食品メーカーの工場、清掃業者、病院、介護施設などに採用を狙う。

 
 
 

2019年 5月 4日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年5月 > 4日 > トラステック愛知が二酸化塩素ガ...