名市内主要ホテルの3月客室稼働率は81.0%

更新日:2019年 4月16日 (火)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 中部経済新聞社がまとめた名古屋市内主要17ホテルの2019年3月の平均客室稼働率は81・0%と、前年同月実績を3・7ポイント下回った。下落は6カ月連続。新規ホテルの開業による競争激化や、一部ホテルが改装などに伴い客室の販売を停止した影響があった。ただ、市内で開催された恒例のマラソン大会で大勢の出場者やスタッフが宿泊したことから、ほぼ満室の目安とされる80%を上回った。

 
 
 

2019年 4月16日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年4月 > 16日 > 名市内主要ホテルの3月客室稼働...