三栄商事 図面検索ツールを開発 業界初のサービス

更新日:2019年 4月10日 (水)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 工作機械商社の三栄商事(本社名古屋市東区、後藤正幸社長)は、AI(人工知能)を駆使した図面検索ツール「blue assistant(ブルーアシスタント)」を東大発ベンチャー、QUEUE(キュー、本社東京都、柴田直人社長)と共同開発した。業界初のサービスで、中小の製造業をターゲットに業務の効率化を支援し、過去から蓄積した技術力の伝承にもつなげる。体験版を導入するパートナー企業を募集しており、年内にも本格的な販売に乗り出す。

 
 
 

2019年 4月10日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年4月 > 10日 > 三栄商事 図面検索ツールを開発...