中部電気保安協会が定年65歳へ引き上げ検討

更新日:2019年 4月 4日 (木)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 工場や施設などの電気設備の保安管理を手掛ける中部電気保安協会(本店名古屋市中区、石田篤志理事長)は、定年年齢を現行の60歳から65歳に引き上げる検討を始めた。労働組合と協議し、早ければ2020年4月にも運用を開始する。定年や再雇用で収入が大幅に減る「60歳の崖」の影響を緩和し、熟練の技術者が長く働ける環境を整え、人材不足に備える。

 
 
 

2019年 4月 4日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年4月 > 4日 > 中部電気保安協会が定年65歳へ...