光フードサービスが立ち飲み居酒屋、名古屋近郊主体に出店強化

更新日:2019年 4月 3日 (水)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 外食チェーンの光フードサービス(本社名古屋市西区名駅2の17の3、大谷光徳社長、電話052・581・8090)は、主力業態の立ち飲み居酒屋「立呑み 焼きとん 大黒」の出店を強化する。このほど、名古屋近郊で初となる店を四日市駅近くに開設。今後も同近郊を中心に攻めの経営に打って出る。フランチャイズ(FC)店の募集も積極化する計画。同業態を主体に出店を強化し、2023年をめどに4業態の総店舗数を現行比約3倍の100店に引き上げる。 

 
 
 

2019年 4月 3日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年4月 > 3日 > 光フードサービスが立ち飲み居酒...