富士高分子工業 断線しにくいチューブ開発

更新日:2019年 3月20日 (水)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 シリコン材料加工を手掛ける富士高分子工業(本社名古屋市中区錦、鈴木基之社長、電話052・218・5480)は、熱硬化性シリコンをらせん形状に加工する独自技術を確立した。その技術を応用して断線しにくいチューブを開発し、名古屋市工業技術研究所の「2018年度市工業技術グランプリ」で、最高賞に次ぐ市工研所長賞を受賞。主要取引先のゲーム機メーカーや自動車部品メーカーに加え、通信機器などの弱電向け、医療機器関連企業への提案を強化する。19年12月期中に初受注を目指す。

 
 
 

2019年 3月20日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年3月 > 20日 > 富士高分子工業 断線しにくいチ...