エフリードがミセス向けブランドの販路拡大

更新日:2019年 3月19日 (火)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 豊島の子会社で婦人アパレルのエフリード(本社名古屋市中区)は、ミセス向けブランドの卸売販売を強化する。50代以降のミセスをターゲットにした新ブランドの販路を広げる。50代以降の層は高齢化社会の進行で今後ボリュームゾーンと化す見通し。現在、量販30店での販売が決まっているが、2020年6月期末をめどに取り扱い先を100店に増やし、需要を取り込む計画だ。

 
 
 

2019年 3月19日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年3月 > 19日 > エフリードがミセス向けブランド...