中部企業、前年下回る回答相次ぐ

更新日:2019年 3月14日 (木)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 2019年春闘は13日、自動車など大手企業の集中回答日を迎えた。春闘相場をリードしてきたトヨタ自動車は、ベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分などを含む月額賃金総額を1万700円と回答。組合要求(1万2千円)と前年実績(1万1700円)をいずれも下回った。トヨタなどのベアは6年連続。だが、世界経済の減速懸念から、前年実績を下回る企業が相次いだ。今後、本格化する中小企業の労使交渉にどう影響するかが焦点となる。

 
 
 

2019年 3月14日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年3月 > 14日 > 中部企業、前年下回る回答相次ぐ...