休業日新設、昼休み導入 中部企業「働き方改革」加速

更新日:2019年 3月11日 (月)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 人手不足が深刻化する中、中部企業は働き方改革への取り組みを加速している。有効求人倍率が高止まりしており、人手を確保するためにも、働きやすい環境整備は必須。4月に施行する働き方改革関連法では年次有給休暇の5日以上の取得が義務化され、休業日を新設する企業も出てきた。生産性向上も喫緊の課題で、金融機関は店舗運営の合理化・効率化につながる昼休みの導入も相次いでいる。

 
 
 

2019年 3月11日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年3月 > 11日 > 休業日新設、昼休み導入 中部企...