エム・イー・ティーが幸田町に活性炭の新工場建設

更新日:2019年 2月21日 (木)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 脱臭剤などに使う活性炭を製造するエム・イー・ティー(本社蒲郡市拾石町、外山富孝社長)は、愛知県幸田町に新工場を建設する。2カ所目の工場で、半導体を生産する際の異物除去用活性炭を新たに手掛け、中国や台湾の半導体メーカー向けに供給する。2020年2月に稼働、投資額は4億3千万円。同社は外山社長含め社員わずか6人。小さなベンチャー企業が世界の半導体分野に打って出る。

 
 
 

2019年 2月21日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年2月 > 21日 > エム・イー・ティーが幸田町に活...