ホワイトハウスの〝自由〟な交流イベント盛況、4年で20倍600台に

更新日:2019年 2月11日 (月)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 若者のクルマ離れが叫ばれる中、輸入車販売のホワイトハウス(本社名古屋市、木村文夫社長)が総合展示場「オートプラネット名古屋」(愛知県東郷町)で毎月1回開催する〝愛好者の集い〟が盛り上がりを見せている。どんな車でも参加できる自由さがSNS(会員制交流サイト)や口コミで広がり、参加台数は当初の20倍となる600台、1千人以上が集まるイベントに発展した。昨年秋からは産学連携の推進として学生フォーミュラカーの活動サポートにも乗り出しており、「ゆくゆくは学生フォーミュラの聖地に」との声が上がっている。

 
 

マイ・ウェイ新連載スタート ステーキ・ハンバーグレストラン ブロンコビリー会長 竹内靖公氏

 

2019年 2月11日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年2月 > 11日 > ホワイトハウスの〝自由〟な交流...