甲羅 業態多角化を加速 32業態目、来月高級プリン店を出店

更新日:2019年 1月30日 (水)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 外食チェーンの甲羅(本社豊橋市、鈴木勇一社長)が、業態の多角化に力を入れている。新業態の開発を積極的に進めており、2月も高級プリンを扱う喫茶店「ココノン」を出店する。ココノンは32業態目になる。主力の鍋料理店「赤から」やかに料理店「甲羅本店」を軸に店舗を増やしてきたが、今後も業態多角化で店舗網の拡充を円滑に進めるとともに、景気変動の影響を受けにくい体制を整
える。

 
 
 

2019年 1月30日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年1月 > 30日 > 甲羅 業態多角化を加速 32業...