長尾紙工がベトナム人社員を後継に

更新日:2019年 1月29日 (火)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 紙やフィルムなど特殊紙加工の長尾紙工(本社名古屋市西区上名古屋)の創業者である長尾安祐社長(72)は、30代のベトナム人社員に後継を託すことを決めた。技能実習生として来日し、永住権を取得。現在、工場長を務めるなど、長尾社長が全幅の信頼を寄せている。多くの中小のものづくり企業が後継者不在問題を抱えている。現場では外国人依存度が高まっており、今後、同社のようにたたき上げの外国人材が経営のかじ取りを担う事例が出てきそうだ。

 
 
 

2019年 1月29日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年1月 > 29日 > 長尾紙工がベトナム人社員を後継...