12月の名市内主要ホテル 稼働率3ヵ月連続減

更新日:2019年 1月19日 (土)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 中部経済新聞社がまとめた名古屋市内主要18ホテルの2018年12月の平均客室稼働率は79・4%と、前年同月実績を3・1ポイント下回った。下落は3カ月連続で、1月以来11カ月ぶりにほぼ満室とされる80%を割り込んだ。12月は年末の休みでビジネス利用が減少する半面、クリスマスなどのイベントや帰省に伴う宿泊需要がおう盛。ただ、新規ホテルの開業で市内の宿泊客は分散傾向が続いており、その影響を受けた格好となった。

 
 

マイ・ウェイ新連載スタート ステーキ・ハンバーグレストラン ブロンコビリー会長 竹内靖公氏

 

2019年 1月19日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年1月 > 19日 > 12月の名市内主要ホテル 稼働...