東海地区信金協会 BCPの見直し支援

更新日:2019年 1月19日 (土)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 東海4県38信用金庫を会員とする東海地区信用金庫協会(会長=御室健一郎浜松信用金庫理事長)は、会員信金に対し、大規模災害に備える事業継続計画(BCP)の見直し支援を行っている。18日には南海トラフ巨大地震を想定した「初動訓練体験講座」を初めて開催した。初行隆男専務理事は「会員信金は既にBCPを策定しているが、常にブラッシュアップが必要」と強調する。

 
 

マイ・ウェイ新連載スタート ステーキ・ハンバーグレストラン ブロンコビリー会長 竹内靖公氏

 

2019年 1月19日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年1月 > 19日 > 東海地区信金協会 BCPの見直...