わがまちの話題=美濃市、美濃紙商の町家を宿泊施設へ

更新日:2019年 1月12日 (土)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 特徴的な防火壁「うだつ」を備えた古い町家が並び、江戸情緒あふれる美濃市の「うだつの上がる町並み」。その中心部にある豪商の旧宅を、美濃和紙など地元の魅力が堪能できる宿泊施設に再生する計画が動き始めた。地場産業の事業者と、古民家再生ノウハウのある事業者を中心に、行政や住民、地域金融機関、ファンドが手を組んで準備を進めている。将来的には周辺の町家も巻き込んで一体運営し、「分散型ホテル」としての展開を見込んでいる。

 
 
 

2019年 1月12日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2019年1月 > 12日 > わがまちの話題=美濃市、美濃紙...