全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込みはこちら

購読・試読のご案内

ときを結ぶ 「軍港」の帽子店 途絶えた技を復活 海軍から海上自衛隊へ  大正に創業、日本で唯一

父が作った叔父の旧海軍の帽子を手にする高田勝晴。今、高田が手作りで仕上げる海上自衛隊の制帽はこだわりの逸品だ=広島県呉市の高田帽子店(撮影・藤井保政)
父が作った叔父の旧海軍の帽子を手にする高田勝晴。今、高田が手作りで仕上げる海上自衛隊の制帽はこだわりの逸品だ=広島県呉市の高田帽子店(撮影・藤井保政)

 広島県呉市は、旧日本海軍から戦後の占領期を挟み、現在の海上自衛隊まで「軍港」の街として歴史を刻んできた。この基地で、1913(大正2)年から軍帽を作ってきた老舗が今も店を構える。3代続く高田帽子店。戦後、四半世紀にわたり途絶えた軍帽製作の...

残り2109文字/全文2229文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年12月7日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ