全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

岐阜商工信用組合 事業性融資に特化、収益拡大 経営資源を集中 スキル向上決定迅速化 5年で貸出金残高10.5倍に

岐阜商工信組の本店窓口
岐阜商工信組の本店窓口
 岐阜商工信用組合(本部岐阜市美江寺町2の4の3、森嶋篤男理事長、電話058・265・2241)は、中小・小規模事業者向け事業性融資の拡大に経営資源を集中し、収益を拡大している。直近5年で事業者向けの貸出金残高は1・5倍に伸長した。同信組は2035年3月期に貸出金残高を全体で約400億円増やす20カ年計画を推進しているが、事業性融資の拡大により、計画を前倒しで達成する勢いだ。
残り726文字/全文915文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2019年12月6日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ