全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

ラグナマリーナ 大型ボートの桟橋増設へ 計19艇が係留可能に

 【蒲郡】トヨタ自動車の100%子会社で、マリーナを運営するラグナマリーナ(本社蒲郡市海陽町、堀井敦社長、電話0533・58・2940)は、大型のプレジャーボートが離着岸できる桟橋を増設する。来年3月までに新たに8艇分の桟橋をつくる。

残り187文字/全文307文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年12月4日の主要記事