全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

ジュニアー、ECに新ブランド 売上高比率30%めざす 販路別事業部制来春撤廃へ

上質で手頃な婦人服を訴求する「エウクレイド」
上質で手頃な婦人服を訴求する「エウクレイド」
 婦人アパレルのジュニアー(本社名古屋市中村区黄金通5の28、近藤直史社長、電話052・482・0774)は、EC(電子商取引)用商品に新ブランド「エウクレイド」を立ち上げた。1、2年後をめどに売上高に占めるEC比率を現在の6%から10%に引き上げる狙い。将的には30%程度まで伸ばしたい考えだ。来年春をめどに営業部門の機構改革を実施し、販路別の事業部制を撤廃する方針。
残り551文字/全文736文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年12月4日の主要記事