全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

サンテクノ すしなど中身を水平に保つ 持ち帰り用容器開発 実用新案取得 市場投入へ販路開拓

一枚の紙から二つの箱ができるようにした
一枚の紙から二つの箱ができるようにした
 電気や電子回路設計などを手掛けるサンテクノ(本社名古屋市中村区千原町、細江政司社長、電話052・454・3281)は、持ち帰り用容器を開発した。一枚の厚紙から二つの箱をつくり、縦型の二段構造にしたアイデア商品で、実用新案を取得した。中身を水平に保つことができ、持ち運ぶ場合でも中身が崩れないことをアピールする。早期の市場投入を目指し、販路開拓に乗り出した。
残り535文字/全文714文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年12月3日の主要記事